綺麗な顔を目指す

女性

目の印象を変える手術について知りたい

目を二重にする整形手術には種類があり、現在主に行われているものは「埋没法」といわれるもので、手軽にできる点がメリットです。ただしまぶたに脂肪が多いなど、人によっては向いていないこともあります。もう一つが「切開法」というもので、最近では技術の発達によって仕上がりも綺麗になり、じわじわとその利用者が増えつつあります。切開法はさらに「全切開」と「部分切開」との2種に分かれます。全切開では、従来の埋没法や部分切開では不可能だった、まぶた自体に厚みがあって目が小さくみえてしまう人などに最適といわれています。腫れがひくまでの期間は、部分切開よりは当然時間がかかりますが、それでも術後1ヶ月もすればほぼとれますし、3ヶ月から半年経過すれば自然な状態に定着します。部分切開による手術はまぶた上に線を引いて1,2cm位の長さに切開するもので、全切開に比べて腫れがひくのも早く1ヶ月もすれば自然な二重になります。気になる整形費用ですが、埋没法の場合は2点留めで80,000円程度、6点で160,000円位が相場となります。一方の切開法費用は、250,000円〜300,000円程度を目安とすると良いでしょう。

いざ、二重整形をするにあたっては事前にしっかりカウンセリングを受け、施術内容や仕上がり・術後のアフターケア・費用などについても納得した上で申し込みをすることが肝心です。その上で二重整形を決意したら、準備をしておくことがいくつかありますので見ていきましょう。まず、まつげエクステンションなどを付けている人は、出来るだけ外しておいたほうが間違いありません。クリニックによっては装着したたまでも手術を行ってくれるところもありますが、仕上がりの綺麗さに影響することもあります。次が、仕上がりのイメージが分かるものを持参することです。カウンセリングで希望やイメージはある程度伝えているでしょうが、目というのはほんの少しの差で印象が変わってしまうものです。ですので、自分のなりたいイメージが出来るだけ正確に伝わるようにすることが大切です。その方が医師も施術を行いやすくなります。手術当日に忘れて行けない持ち物は費用代はもちろんのこと、保冷材などを持参すると良いです。クリニックで提供してくれる場合もあるようですが、持っていれば帰宅途中にも使用することができます。家の冷蔵庫にもいくつか準備しておくと便利です。

Copyright© 2019 利用目的に合う施術を選ぶことが何よりも大事 All Rights Reserved.